システム構成図

Screenshot_2.png

製品 / ソリューション説明と特徴

「クラウドポータル」のコンセプトは「AWSの管理と運用を誰でも効率的できるようにすること」。はじめての方でも簡単に、既にお使いの方はより便利に使えるよう、ソニーネットワークコミュニケーションズが独自に開発しました。 AWS稼働状況を把握するための「見える化」、AWS運用を効率化する「自動化」、そしてログ監査機能をはじめとした「セキュリティ強化」、3つの観点から必要な機能を網羅しています。

以下に代表的な機能を幾つか紹介します。


●運用管理 「インスタンス稼働状況」


インスタンスの稼働状況をグラフィカルに表示します。各インスタンスの負荷や、ディスクの使用率が一目で分かり、運用状況を簡単に監視・管理できます。期間や項目を指定してグラフ表示することもできるため、「いつから負荷が高くなったのか」などサーバ負荷の原因解析も容易です。 1.jpg
●運用管理 「スナップショット管理」


EC2に紐づくEBSの基本情報や、EBSのスナップショットファイルを一覧で表示します。ワンクリックでスナップショット取得/リストアできるほか、スナップショット取得の自動化も簡単に設定できます。 2.png
●運用管理 「AWS Trusted Advisor~対策サポート」


「AWS Trusted Advisor」はコスト最適化・セキュリティ・耐障害性・パフォーマンスの4つの観点から自社のAWS環境をチェックし、ベストプラクティスを推奨してくれるAWSの標準機能。クラウドポータルではAWS Trusted Advisorのアドバイスを一覧で表示。さらに、「使用率が低いEC2インスタンスがある」「推奨されないポートが開いている」などありがちな問題についてはサポート機能を搭載し、その場でインスタンスを停止するなど必要な操作を実行できます。 3.jpg
●システム構成管理 「AWS Config管理」


AWS Config情報からリアルタイムに情報を取得し、AWSリソース(EC2/ELB/RDS)の構成を図式化して表示します。最新の構成図を簡単に確認できるため、定期的にAWSの全体構成をチェックする際などに役立ちます。 4.jpg
●システム構成管理 「AWS 設計情報表示」


AWSのEC2/RDSインスタンスの設計情報および、ネットワーク関連情報(VPC、サブネット情報、セキュリティグループ)などをリアルタイムに取得し、PDFにまとめた資料をダウンロードできます。 5.jpg
●費用管理 「利用料金推移グラフ、コスト配分レポート請求明細情報」


AWSの利用料金の推移をグラフで表示します。 6.png
●運用管理 「Zabbix運用監視」


Zabbix運用監視機能では、AWS上の仮想マシン(EC2インスタンス)や各種アプリケーション、ネットワークなどのパフォーマンスを監視し、より詳細な稼働状況の把握が可能になります。イチからZabbixをAWS上に構築するとなると手間がかかりますが、本機能では、新規Zabbixインスタンスを数ステップで立ち上げられます。 7.png
●自動化 「イメージバックアップ自動化」


イメージバックアップの自動化も曜日や時間、日にちなどを指定するだけでOK。世代管理も数字を入力するだけでよく、保管対象の世代を超えたバックアップファイルは自動で削除されます。 8.png
●自動化 「インスタンス起動停止自動化」


夜間や休日など「システムを利用しない時間」はインスタンスを停止するのが基本。クラウドポータルを使えば、EC2インスタンス起動・停止のスケジュール設定も曜日や時間などを選ぶだけ。コストを抑えるためにも、システムを使わない時間は自動でインスタンスが停止されるよう設定することをオススメします。 9.jpg
●自動化 「リージョン間コピー ※カスタマイズAPI機能利用」


世界各国にデータセンターを持つAWS。稼働中のリージョン(地域)と異なるリージョンへとデータをコピーすることで、DR対策を実現できます。カスタマイズAPIでは、リージョン間コピーのテンプレートを用意。ボタン1つで、スナップショット一覧の中から常に最新のスナップショットを抽出し、ターゲットの海外リージョンにコピーを実行できるほか、自動化も簡単に設定できます。 10.png
●ログ管理 「AWSログ監査、kibana」


AWSを運用する上では、誰がログインしたのか、いつサーバを立ち上げたのかなどのログのチェック・監査が欠かせません。これをサポートするのがAWS APIの呼び出しを記録し、ログファイルを配信する「AWS CloudTrail」。クラウドポータルでは、このAWS CloudTraillのログをAWS Elastic Searchに保存し、ログの検索を可能にしました。煩雑なAWSサービスの連携は一切不要で、簡単な設定をするだけでOK。また、ログデータ可視化ツール「Kibana」と連携し、AWSのアクセスログやイベントログをグラフ化。AWSの利用実態を把握し、継続的なログ監査をサポートします。 11.jpg
●セキュリティ診断 「AWS Inspector~対策サポート」


AWS InspectorによるネットワークおよびOS、ミドルウェアといったプラットフォームのセキュリティ(脆弱性)診断を簡単に実行できます。
診断対象のインスタンスと診断を実施する「ルールパッケージ」を選択し、テンプレートを作成することで、ワンクリックで診断を実行できるようになります。また、セキュリティ診断は1度実施して終わりではなく、定期的に実施しなければ効果はありません。クラウドポータルなら、スクリプト不要でセキュリティ診断の定期実行を設定可能。ルールパッケージはAWSにより常に最新の情報に更新されており、月1回など継続的にセキュリティ診断を実施することで、セキュリティ強化につながります。 12.jpg

システム要件

弊社のAWSマネージドサービスである “マネージドクラウド with AWS” をご契約いただいていること

利用するAWS製品

Amazon EC2, Amazon S3, Amazon EBS, Amazon EFS, Amazon Glacier, AWS Storage Gateway, Amazon RDS, Amazon VPC, AWS Direct Connect, Amazon Route 53, Amazon CloudWatch, AWS CloudFormation, AWS CloudTrail, AWS Config, AWS Trusted Advisor, AWS Managed Services, AWS Identity and Access Management, Amazon Inspector

導入・運用提供パートナー

弊社までお問い合わせください

AWSでの導入実績

高速近接無線技術研究組合さま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/hrcp.html
ドクターデヴィアス化粧品販売株式会社さま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/devias.html
株式会社MSCさま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/msc-10.html
上智大学さま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/sophia.html
株式会社セキュリティデザインさま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/security-d.html
株式会社アターブル松屋さま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/atable-matsuya.html
金属技研株式会社さま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/kinzoku.html
アイロップ株式会社さま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/ailop.html
株式会社東京ダイヤモンド工具製作所さま www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/case/tokyodiamond.html
※以上 取材日順

ライセンス体系と費用詳細

Services(SaaS, PaaSなど)

5,000円/月額~
弊社サービス“マネージドクラウド with AWS”をご契約いただいていること

会社情報

運用管理/ジョブ実行ツール “クラウドポータル”

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズの法人サービス事業はネットワークとクラウドを軸にしたマネージドサービスを中心に現在5,500社の企業さまのITインフラを支えています。

お問い合わせ先

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
法人サービス事業部門
インフォメーションセンター
0120-614-006 (AM9:00~PM6:00、土日祝日を除く)
www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/