システム構成図

AM.jpg

製品 / ソリューション説明と特徴

データベースに対する操作ログを取得・管理し、データベースセキュリティ対策や監査対応を支援するツール。
SQLクエリも含めたデータベース操作の詳細ログを取得し、ポリシーベースでのリアルタイムなデータベース操作のモニタリング、違反操作のアラート通知、監査レポート作成を行います。

データベースが持つ監査ログ、トレース機能を使用してデータベース操作ログを出力取得します。データベース側にはエージェント等のインストールが不要なので、Amazon RDS など、データベースサービスにも対応しています。 info1.jpg
面倒で知識が必要なデータベース操作ログの出力設定も AUDIT MASER から実施。ログの自動収集、収集済みログの削除・ローテーション設定、ポリシーベースのモニタリング・アラート通知、監査レポート、ログ運用管理までの機能を網羅しています。
AWS API の使用設定を行うことで、Amazon RDS でもデータベース操作ログのマネージメントを行うことができます。 info2.jpg
製品の詳細はこちらをご覧ください。
www.aqua-systems.co.jp/products/auditmaster/

システム要件

■AUDIT MASTERインストール環境
 対応OS : Windows Server 2008, 2008 R2, 2012, 2012 R2, 2016
 CPU : 2 コア以上
 メモリ : 4 GB以上
 ディスク : 50GB 以上(蓄積する監査ログデータ量に依存。SSD 推奨)
 Amazon EC2 インスタンスタイプ : xlarge以上推奨
■対象データベース
 Oracle 9i R2以上、MySQL 5.1.16以上、MariaDB 5.1.16以上、MS SQL Server 2005以上
 Amazon RDS : MySQL、MariaDB、Oracle、MS SQL Server、Amazon Aurora

利用するAWS製品

Amazon EC2, Amazon RDS

AWSでの導入実績

ネット銀行様
 オンプレミスからAWSへのデータベース移行を機に、Amazon RDS 対応可能な製品として既存ツールから AUDIT MASTER へリプレイス
靴下専門店「靴下屋」オンラインストア(タビオ株式会社様)
 AWS へのシステム移行にあたり、Amazon RDS のデータベースセキュリティと監査要件を満たすため、AUDIT MASTER を採用
その他、共同組合様、保険会社向け教育システム事業者様、Web販売プラットフォーム事業者様、大手自動車通信メディア様など10社以上

ライセンス体系と費用詳細

BYOL

[ライセンス体系]
 AUDIT MASTER 本体+対象データベース(×インスタンス数)
・ライセンス 1,000,000円~
・年間保守費  225,000円~
※月額利用料でのご提供も可能
 (最小3ヶ月) 37,500円(月)~

関連文書

ライセンス詳細はこちら

www.aqua-systems.co.jp/products/auditmaster/license.html

会社情報

株式会社アクアシステムズ

アクアシステムズは1998年から19年間、エンタープライズにフォーカスし、データベースの診断・チューニング・監査・運用管理・コンサルテーション等、データベースに特化したビジネスを展開。その高い技術力と豊富な実績をご評価いただいてきました。
2012年 9月からはAWS テクノロジーパートナーとして、AWSに対応したデータベースソリューションもいち早く提供。クラウド×データベース領域では他にない経験、実績を有しています。

お問い合わせ先

Email : info@aqua-systems.co.jp
Tel : 03-6388-9299
URL : www.aqua-systems.co.jp/