製品 / ソリューション説明と特徴

● Amazon S3/Glacierを使ってオフサイトにバックアップ データを保管したいユーザー様に
クラウド ストレージ (REST API) 対応のCommvaultを使えば、従来のテープやオンプレのストレージの代わりに、Amazon S3※へ直接アクセスしデータ保管先としてご使用いただけ、スケーラブルなDRバックアップ環境を短期間で構築可能です。例えば、フルバックアップが完了したらすぐに、バックアップ データのコピーをAWSへ転送するようスケジューリングしておくことで、オフサイトにバックアップ データを容易に保管することが可能です。データ転送は重複排除したまま行えるので、ネットワーク負荷も軽減できます。
※Amazon S3経由でAmazon Glacierへも書き込み可能です。 1.jpg
● AWSを使ってバックアップ サービス (BaaS) を展開したいサービス プロバイダー様に
マルチテナント機能対応のCommvaultを使えば、ユーザーごとに詳細なレベルでリソースの利用制限やアクセス コントロールをかけることができるので、AWSクラウド上にバックアップ サーバーを1台構築するだけで、集中管理で複数の顧客に、バックアップ サービスを提供することが可能です。これによりシステム全体の構築/運用費用を下げることができ、価格競争力のあるバックアップ サービスが提供可能になります。 2.jpg
● Commvault ソフトウェアなら、オンプレミスのデータからクラウドのデータまで、ひとつのコンソールでまとめて保護し、管理することができるので、クラウドを利用するという理由だけで、別のデータ保護製品を導入する必要はありません。
● 遠隔地でのバックアップ データ保管や、利用頻度の低いデータのアーカイブ先として、Amazon S3/Glacierを簡単に利用することができます。
● データのインデックス化と検索機能の提供で、ファイル単位でデータを検索しリストアすることが可能になり、リストア時間を短縮します。
● Amazon S3に保管したデータは、Commvaultの管理WEBコンソールから自分のデータへいつでもどこからでもアクセスし、セルフサービスでリカバリすることが可能です。
● 様々なファイアウォール構成に対応できるので、AWSクラウド上でCommvaultを稼働し、同じAWSクラウド内のデータをバックアップすることはもちろん、ネットワーク経由でオンプレのデータや、別のデータセンターのデータをバックアップすることも可能です。

システム要件

Amazon S3インターフェース 対応ベンダー:
Amplidata、Aquari Storage、Basho Technologies Riak CS、BriteSky Cloud Storage、CenturyLink、Cloudian、Colt Cloud Storage、EMC ECS、FlexVault: Cloud Object Storage、Fujitsu Storage ETERNUS CD10000、HDS Sapphire Lake、HGST ActiveScale、Huawei UDS Massive Storage System、IBM Cloud Object Storage、NEC Cloud IaaS、NetApp® StorageGRID® Webscale、NIFTY Cloud Object Storage、Open Telekom Cloud Object Storage Service、Peak 10 Object Storage、QingStor、Quantum® Lattus™ Object Storage、Revera Vault、Scality RING、ThinkOn Canada S3 Cloud Storage、The Bunker、vCloud® Air™、

※最新情報はこちらからご確認ください: documentation.commvault.com/commvault/v11/article?p=features/cloud_storage/cloud

利用するAWS製品

Amazon EC2, Amazon S3, Amazon Glacier

導入・運用提供パートナー

株式会社CLCP、デジタルテクノロジー株式会社、NTTデータ先端技術株式会社、日商エレクトロニクス株式会社、日本電気株式会社、株式会社ネットワールド、ノックス株式会社、株式会社日立情報通信エンジニアリング

AWSでの導入実績

University of Canberra、PFD Food Services、Logitech Inc

ライセンス体系と費用詳細

BYOL

Commvaultでは下記3種類のライセンスを提供しています。
- 永久使用ライセンス
- サブスクリプション ライセンス (年単位)
- ユーティリティ ライセンス (サービス プロバイダー様向け)
※ サービス プロバイダー様は、Commvault社へ直接お問合せください。

会社情報

Commvault

Commvault Systems Japan株式会社

Commvault®は1996年の創立以来、100%自社開発で成長を遂げてきました。オンプレ/クラウド環境において、バックアップ、アーカイブ、レプリケーションといったデータ保護の統合管理をひとつの製品で実現できるCommvaultソフトウェアは、現在世界で20,000以上のお客様に採用いただいています。

お問い合わせ先

www.commvault.co.jp/contact/