システム構成図

xpi_diagram.png

製品 / ソリューション説明と特徴

Magic xpiha社内外に分散している様々なシステムやサービスが保有するそれぞれ異なるデータを、連携・同期・統合するデータ連携(EAI)ソリューションです。
主要な ERP、CRM、会計、人事、そして他の企業向けシステムを連携するため、レガシーシステムもクラウドも関係なく、データとビジネス・プロセスのフローを自動化します。
全世界 50ヶ国以上に広がるグローバル展開をしているため、海外拠点の経営情報の可視化し、グローバル戦略を加速します。
≪特徴≫
ノンコーディングでシステム連携を身近に。開発・運用のコストを大幅に削減
豊富なトリガーがリアルタイム連携を実現
全てのデータ・プロセス連携フローを常時モニタリング
インメモリデータグリッド・テクノロジーがパフォーマンスと耐障害性を担保
オプションでAWSアダプタを提供。S3、Redshift、RDSの各サービスとのデータ連携をコーディングレスで実現します。 AWSAdapter-1024x510.png
66種500種類のアダプタ・コネクタ群を提供しているため、個々のアプリケーション、サービスとのインターフェース(API)の複雑さが隠蔽されます。データ連携フロー(連携ロジック)の開発はアイコンのドラッグ&ドロップによる簡単操作。【貼って】【選んで】【線を引く】だけ xpi_studio.png

システム要件

OS :Windows Server 2008R2、2012、2012R2
メモリー: 少なくとも8G  インストール時にIISが必須
内部DB:
 MS SQL2005、2008、2008R2、2012、2014 (Express含む)
 Oracle10g、11g、12c (OCI 32bitのみ)

利用するAWS製品

Amazon EC2, Amazon S3, Amazon RDS, Amazon Redshift

導入・運用提供パートナー

<<Magic xpiパートナー>>
NECソリューションイノベータ株式会社
日商エレクトロニクス株式会社
トライビュー・イノベーション株式会社
富士ゼロックス情報システム株式会社
株式会社ミントウェーブ
都築電気株式会社
アクト情報サービス株式会社
千代田システムテクノロジーズ株式会社
TIS株式会社

業種

メディアとエンターテインメント

ライセンス体系と費用詳細

BYOL

Magic xpi Integration Platformの実行サーバのライセンスは、スレッド・ライセンス(同時実行連携フロー数)です。
スレッドとは、「Magic xpi サーバ」がフローを実行するために使用するサーバ能力の割り当て単位のことで、提供されたスレッド数を超えない範囲で複数の筐体のサーバで使用することが出来ます。
5スレッド,15スレッド,35スレッドライセンスを提供しており、必要に応じて追加が可能です。
CPUライセンスやサーバライセンスではないので、必要数のみ購入、低価格で導入が可能となります。

会社情報

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

「アプリケーション開発プラットフォーム」と「システム連携ソリューション」のグローバル・プロバイダーである、
マジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の日本法人です。

全世界50カ国以上にグローバル展開する私たちのソフトウェアソリューションは、オンプレミス、モバイル、クラウドベースのビジネス・アプリケーション等、あらゆる規模のシステム構築に活用されています。

日本国内では、800社以上のパートナー様を通じて、企業ユーザー様3万5000社以上がMagic製品を利用しています。

お問い合わせ先

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
マーケティング部 渡辺 剛

Tel: 03-5937-3300
Email: japan_solution@magicsoftware.com