システム構成図

CCMS.png

製品 / ソリューション説明と特徴

ME-CCMSは、「便宜性」と「秘匿性」を両立させたコンテンツ管理サービスです。
コンテンツの登録や視聴は、Webブラウザで行います。映像コンテンツは低解像度のファイルに自動変換してクラウド上に保存します。その際、検索用に「コンテンツ利用者」「著作権情報」「利用日時」といったメタ項目と紐づけを行います。これらの項目は、お客様にカスタマイズしていただくことが可能です。
コマ送り再生、早送り、巻き戻しといったトリックプレイにも対応しています。映像のプロフェッショナルの要望に応えるため、Webブラウザに独自技術を組み込んで実現しています。また、視聴制限は、ユーザーグループ単位、カテゴリー単位、公開期間等で細かく設定できます。
その他、市場の要望を貪欲に取り入れ、時間軸メタといった機能拡張を積極的に行っています。
ME-CCMSは、高いセキュリティが求められ、大容量のコンテンツを扱うメディア企業にもご採用いただいてい
ますが、このような高い要求に対してもME-CCMSをリーズナブルなサービス料金でご使用いただけるのは、コストパフォーマンスに優れ、サービスが豊富なAWS上に構築しているためです。

システム要件

Microsoft Windows
- Internet Explorer 11
- Microsoft Edge
- Google Chrome 38 以降

Mac OS X
- Safari 7 以降

iOS 7.1 以上
- Safari

Android 4.1.2 以上
- Chrome

利用するAWS製品

Amazon EC2, AWS Elastic Beanstalk, AWS Lambda, Auto Scaling, Elastic Load Balancing, Amazon S3, Amazon EBS, Amazon RDS, Amazon VPC, Amazon CloudFront, Amazon CloudWatch, AWS CloudFormation, AWS Identity and Access Management, AWS Certificate Manager, Amazon CloudSearch, Amazon Elastic Transcoder, Amazon Simple Queue Service, Amazon Simple Notification Service, Amazon Simple Email Service

導入・運用提供パートナー

• 三友株式会社
• 共信コミュニケーションズ株式会社
• 株式会社映像センター
• 株式会社朋栄

AWSでの導入実績

• 某在阪放送局
• 大手ポストプロダクション
• 大手専門学校など

ライセンス体系と費用詳細

Services(SaaS, PaaSなど)

設定費:5万円
ランニングコスト:適宜

関連文書

ME-CCMS 製品ページ

www.mediaedge.co.jp/product/me-ccms/

会社情報

ME-CCMS コンテンツ管理サービス

MEDIAEDGE株式会社

映像配信・表示システムとしてのコンセプトを15年以上前に提唱し、最先端のハードウェア・ソフトウェアの開発に取り組んで参りました。
これまでにご導入いただいたシステムは3,000か所を越え、実に端末ベースでは40,000台以上の導入実績をもち、その安定性は高い評価をいただいております。

MEDIAEDGEは、 AWS Partner Network (APN)のコンサルティングパートナーです。クラウドを使って映像配信を行いたいとお考えならば、ぜひご相談ください。AWS を利用したサイネージ、ライブ配信、VOD 配信システムの設計コンサルティング、前記システムの設計、開発のお見積もりおよび開発受託、前記システムの運用、保守サポートの受託、でお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ先

aritomiy@medediaedge.co.jp
078-265-1551
有冨 豊(ありとみ ゆたか)
メディアエッジ株式会社
営業本部