システム構成図

Obbligato-SaaS.png

製品 / ソリューション説明と特徴

共有サーバ上で管理されている個人情報や研究データ、図面やレシピなどの技術情報など、機密性の高いデータの組織内部からの漏えい対策を実現します。
共有サーバ上の機密データは、クライアント上で参照や編集ができても、印刷・コピー・メール添付・Webアップロード・画面キャプチャなど、情報漏えいの原因となるあらゆる持ち出し操作を禁止します。
AWS上にファイルサーバやシステムを運用しているお客様で内部からの漏えい対策をお考えのお客様が対象となります。
企業・組織にとって最も重要かつ共有したい機密情報は、サーバ上で管理されており、情報漏えい対策をすることで、組織やパートナーとの安全な情報共有が可能となります。
■こんなお客様にオススメ
 -グローバル拠点と情報共有したいが機密データの漏えいが心配
 -印刷・コピー・メール添付などデータ流出経路が多く対策しきれない
 -暗号化製品は、ファイル構造を壊す恐れがあるので、CADデータの流出対策ができない
 -サーバやユーザ管理ができる要員が不足している
 -暗号化製品は、暗号化規制のある中国などで導入ができない

システム要件

Obbligato for SaaS / Data Loss Prevention Server
対応OS:Windows Server

Obbligato for SaaS / Data Loss Prevention
対応OS:Windows 7, 8, 10

ライセンス体系と費用詳細

Services(SaaS, PaaSなど)

Obbligato for SaaS / Data Loss Prevention Server : 1サーバ 30,000円/月額
Obbligato for SaaS / Data Loss Prevention : 1ユーザ 500円/月額
※別途導入支援費用が必要です。

関連文書

[製品サイト] jpn.nec.com/obbligato/dlp/

会社情報

Obbligato for SaaS / 持ち出し制御

日本電気株式会社

NECは、社会ソリューション事業を推進するブランドメッセージ
「Orchestrating a brighter world」
のもと、今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
jpn.nec.com/profile/vision/message.html

お問い合わせ先

日本電気株式会社
サービス・テクノロジー本部 PLMコンサルティンググループ
oblsales@cpc.jp.nec.com