システム構成図

System-Overview.png

製品 / ソリューション説明と特徴

JPCYBER S3 Driveを使用すると、Amazon S3ストレージをドライブとしてWindowsにマウントすることが可能になり、Amazon S3上のファイルをローカルディスクと同様に扱えることで様々な可能性が広がります。Amazon S3でファイルサーバーの構築、拠点間のファイル共有/ファイル転送システムを自社で実現、Windows 7からWindowos 10へのPC移行、BCP/DR対策のためのバックアップなど様々に活用できます。 s3drive-explorer.png
【JPCYBER S3 Driveの活用事例】
・Amazon S3で社内ファイルサーバーを構築: 短時間で簡単にファイルサーバーをクラウド化
・拠点間のファイル共有/ファイル転送システムを自社で構築
・Windows 7からWindows 10へのPC乗り換えで、安全でスムーズにデータを移行
・BCP(事業継続計画)/DR(災害復旧)対策のクラウドバックアップを迅速に導入

【JPCYBER S3 Driveの特長】
・Amazon S3バケットをドライブとして割り当てが可能
・ドラッグ&ドロップで直観的なファイル操作が可能
・WordやExcel等のアプリケーションで、 Amazon S3上のファイルを直接編集が可能
・高速化キャッシュ機能の使用によりクラウドのイライラを解消
・Amazon S3の他、幅広いS3互換ストレージに対応
・純国産ソフトのため日本語ファイル名に完全対応

システム要件

【サポートOS】Windows 7/8.1/10/Server 2008 R2/2012(R2)/2016
【.NET Framework】.NET 4.6
【対応ストレージ】Amazon S3 / S3互換ストレージ

※Windows 64 ビット環境のみサポート

利用するAWS製品

Amazon S3

業種

エンタープライズアプリケーション, 通信

ライセンス体系と費用詳細

その他

デスクトップ版: 7,980円 (1年版)
サーバー版: 12,800円 (1年版)

30日無料体験版をダウンロード可能です。

関連文書

Windows用Amazon S3マウントツール

www.jpcyber.com/s3-drive

会社情報

S3ストレージマウントツール JPCYBER S3 Drive

株式会社JPサイバー

JPCYBERは、企業の生命線とも言える機密データ・重要データをサイバー攻撃から守り、日本企業のデータを保護することをミッションとしております。国内外のサイバーセキュリティの動向に精通したサイバーセキュリティの専門家が、お客様の機密データの保護についてご支援いたします。

本社: 〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア イーストタワー 4F

お問い合わせ先

www.jpcyber.com/#contact