システム構成図

d32e52d875207bcb48f0e7160c00bc3d.png

製品 / ソリューション説明と特徴

SecureSphere Web Application Firewall (WAF) for AWS は、業界最新の
WAF 技術によってWeb アプリケーションを保護します。複数の防衛機能を
統合して、顧客をブロックすることなく、攻撃を正確に特定し阻止します。
Imperva のダイナミック・プロファイリング技術は、許容可能なユーザ動作
の「ホワイトリスト」を自動的に構築します。Imperva Correlated Attack
Validation (相関関係による攻撃の検証) を使用してダイナミック・プロファ
イリングの違反事項と他の疑わしい活動を関連付けることにより、正確に攻
撃をブロックします。ICSA Labs 認定を取得しているSecureSphere は、
PCI 6.6 コンプライアンス基準に適合し、OWASP Top Ten に対する強固な防
衛を提供します。

SecureSphere Data Activity Monitoring およびDatabase Firewall は、AWS
でネイティブに実行される、エンタープライズ級の保護、監査分析、自動化
されたプロセス、およびカスタマイズ可能なレポート機能を提供します。
SecureSphere のデータ保護ソリューションは、組織が共通のインフラストラ
クチャを活用できるようにすることで、データベースを攻撃から保護し、
リスクを軽減し、コンプライアンスを効率化します。

SecureSphere for AWS は、AWS CloudFormation などのネイティブのAWS
インフラストラクチャを活用して、より優れたセキュリティ機能、AWS の導
入実現性および管理性を提供できるよう特別に設計されています。
SecureSphere for AWS のAmazon Machine Image (AMI) は、AWS
Marketplace 上で公開されています。SecureSphere AWS はBYOL (bring
your own license model) で提供しており、オンデマンドで使った時間分だけ
支払うタイプのSecureSphere WAF for AWS も利用可能です。これにより、
さまざまに変化するアプリケーション・トラフィックに応じてSecureSphere
WAF インスタンスの利用を調整し、コストを管理できます。

システム要件

Amazon EC2の必要インスタンス・タイプ(AV2500:M3 Extra Large、AV1000:M3 Large、AVM150:M3 Extra Large)、AWS CloudFormation、Amazon CloudWatch、Amazon VPC、AutoScale(WAFのみ)、RHEL5/6+OracleDB(DBFのみ)、Windows2k8SP1+MSSQL(DBFのみ)

利用するAWS製品

Amazon EC2, Amazon VPC, Amazon CloudWatch, AWS CloudFormation

導入・運用提供パートナー

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、株式会社サーバーワークス、株式会社ネットワークバリューコンポネンツ、マクニカネットワークス株式会社

ライセンス体系と費用詳細

BYOL

弊社パートナー
www.imperva.jp/Partners/Resellers
または、弊社担当営業へお問い合わせお願いします。

会社情報

株式会社Imperva Japan

Imperva は、業務上不可欠なデータやアプリケーションをクラウドかつオンプレで保護する、サイバー・セキュリティ・ソリューションの大手プロバイダです。
2002 年の創業以来、当社は着実に成長を続けています。2015 年には売上が2億3,300万ドルに達し、世界 100 カ国以上に 4,800 を超える顧客と 500 のパートナーを数えるようになりました。

お問い合わせ先

www.imperva.jp
Mail:FM-Japan@imperva.com
TEL:03-6263-0671