システム構成図

skyhopper-diagram.jpg

製品 / ソリューション説明と特徴

著名なOSSプロダクトを取り入れつつ、プログラマブルなAWSの特徴を活用してインフラの構築をコードベースに構築ならびに運用するツールです。本プロダクトのライセンスはMITですので気軽に使い始めることが可能です。

対象顧客と導入効果:
- AWSを活用して高速に高品質なシステム構築を実現したい方
- AWSとChefを活用してシステム構築工数を 1/10 に下げたい方
- ChefとServerspecを活用して高品質なシステム構築を実現したい方
- DevOps Toolの連携にお悩みの方
- DevOps 文化を会社に導入されたい方
- Infrastructure As Code を実践されたい方
- Cloud Formation / Chef / Serverspec / Zabbix を利用したい方、利用されている方

製品/ソリューション概要:
- SkyHopperはオープンソースのDevOps採用システム自動構築ツールです。
- マウス操作中心で複数のシステムを簡単に構築、運用、管理する事が出来ます。

- インフラ構成/ミドルウェア組み合わせをテンプレート化する事によるシステム構築工数の大幅な短縮
- 監視登録作業工数の短縮
- serverspecフレームワークを利用したシステム正常性チェックの実施
- コード化された作業による作業漏れの防止
- 構築システム毎にユーザ権限を設定できるマルチテナント対応
- 作業毎のログ取得によるトレーサビリティの確保
- 簡易なELBのSSL証明書の管理
- セキュリティグループのレポーティング image4.png
CloudFormation設定画面 image3.png
セキュリティグループ管理 image5.png
ELB管理 image6.png

システム要件

- 構築中インターネットにアクセス可能な環境
- t2.medium以上のインスタンス推奨
- AmazonLinuxのEC2で稼働するLinux
- VPC環境(クラッシック環境は考慮されていません)

利用するAWS製品

Amazon EC2, Amazon VPC, AWS CloudFormation

導入・運用提供パートナー

SkyHopperを社内ツールとして利用して作成したシステムを複数運用しております。
AWS / SkyHopperを最大限に利用して頂くため、弊社ではCloud FormationやChef Cookbookの作成をDevOpsサービスとして提供させて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。
www.skyarch.net/devops/skyhopper.html

ライセンス体系と費用詳細

その他

- MITライセンスを採用
- ソースコードの最新は github.com/skyarch-networks/skyhopper にて
- AMIの提供

関連文書

SkyHopperは株式会社スカイアーチネットワークスにおける登録商標または商標です。

その他の会社名、商品名などは、一般に各社の登録商標または商標です。
SkyHopperの製品ロゴについての商標権、その他一切の知的財産権は株式会社スカイアーチネットワークスに帰属します。
ロゴの使用に当たりこれを変形、変更、修正等してはいけません。

skyhopper.org/ja/

株式会社スカイアーチネットワークス

スカイアーチネットワークスは、AWSアドバンスドコンサルティングパートナーです。
サーバーの管理をはじめて17年目。AWSの運用ならスカイアーチネットワークスにお任せください!
インフラ設計から運用、障害対応、セキュリティー対策、バックアップ対策など、ビジネスに直結したサーバー管理全般を提供しております。

お問い合わせ先

問い合わせURL www.skyarch.net/contact/
電話番号    03-6743-1100
担当者名    技術本部 神津・柚木