システム構成図

SL2.PNG

製品 / ソリューション説明と特徴

■ Smart-Study, Subject-Study, Social Study

◇すきま学習 「すきま時間の積み重ねで学べる」
社会人など纏まった時間を取れない人が、60分以上の講義を見たりするのは難しいです。しかし、5分~10分程度のすきま時間は、日常生活の中で非常に多いと言えます。この時間を効果的に活用して、スマートに学習に充てられるようにします。

◇コンテンツ鮮度 「知的コンテンツの循環スピードを上げる」
専門性の多様化と併せ、情報更新が特に速い市場においては、書籍等にまとまった情報に関しては一定の価値はありますが、陳腐化しやすいという問題があります。これら、まとまらない情報の部分に焦点を絞り、そのコンテンツが流通できるプラットフォームを作り出し、鮮度が命のコンテンツ流通手段、市場を創造いたします。

◇サブジェクト・ラーニング 「話題のテーマや、業務に役立つ主題をライトに学べる」
主となる教育(教室での授業・講義等)を補う予習・復習のための、トピックごとにまとまった内容を短時間に学べます。話題のテーマによる興味の掘り起し、刷り込みによって学習効果を高められます。また、業務に使えるTIPS集のように、単独トピックでも役に立つようなものを学べる環境としてもご利用いただけます。

◇専門教育における視点多様化と深まり 「教え合うことで理解する」
社会人教育や医療・介護現場など、個々のスタッフが持っている経験則や暗黙知などを共有し、クラスタ全体での成長を促します。また、コメントや、補足情報、追加コンテンツや、間違えやすい部分、わかりにくい部分のアノテーションを設定することで、お互いに補い合い、視点の多様化と理解の深まりも促していくことができます。

◇自律×モチベーション 「チームの一員として、自律的に気分良く学ぶ、頑張っている自分に誇りを持つ」
LMSによる強制力を持たない学習環境では、日々の仕事等の忙しさにかまけて、ついついサボってしまいがちになってしまうものです。チーム全体で一緒に学ぶことで、お互いの進捗や遅れ、努力状況を知り、時には反省や励まし合いを伴いながら、自らをコントロールして、学習を継続させます。他人との関係性の中で、努力している、あるいは日々継続していることに関して、お互いに緩やかなプラス評価と認め合いを行い、個人だけでなくチーム力としての向上、チームとしてのモチベーションにつなげます。
■ 主な機能

◇モバイルの活用
・長時間、PCの前に座って教育を受けるのではなく、iPhoneやiPad等、スマートフォンやタブレット端末を用いて、外出先で受講等が可能です。
・スキマ時間の積み重ねで繰り返し学習したり、その時必要な情報へ瞬時にアクセスすることで、旬の情報を入手できます。

◇スライドやビデオによるレクチャー
・学会やセミナーの資料を用いてのスライド形式、細かな手順や操作が理解しやすい映像形式でのセッション受講が可能です。

◇資料ベースでのディスカッション
・資料を基にしたディスカッションやQ&A等、必ずしも先生と生徒ではなく、情報ソースを起点としての、コミュニケーションと教え合いを活用した学習が可能です。

◇情報のリンク付けとリファレンス集
・論文、書籍、PDF、スライド資料、HP、ブログ、Facebookのエントリー等、公開されている情報のURLを集積し、他者へ公開できます。

◇ダウンロードとオンラインの併用
・データサイズが大き目な映像や資料に関しては、ダウンロードしておいてオフラインで参照することも可能です。書き込んだ内容や、進捗データ等はオンラインになったに、サービス側へ反映されます。
・通勤中の電車など、回線状況が安定しない場所や、電波が来ない場所でも、サービスの利用が可能です。

◇問題の作成
・ユーザーが自分でテスト問題を作成し、他のユーザーへ公開できます。講義や資料に応じた問題に関して、論点となる個所をまとめてチェック機能として利用可能です。

◇グループ作成とリーダー
・ユーザーが所属するグループを設定することが出来ます。グループ単位での学習や、教育支援、管理に利用可能。

◇実績記録
・ユーザーの学習実績や貢献実績を記録・管理します。
・学習実績は進捗管理に利用、貢献実績は、コンテンツやリンク、タグ付け等、集合知への貢献度合いを見える化し、評価・表彰します。

◇コンテンツ作成・管理
・レクチャーコンテンツや映像コンテンツのアアップロードによる変換に加え、オンライン上でのスライドコンテンツ作成機能を提供します。
・バージョン管理も含め、それらの管理運用が可能です。

◇情報のマップ作成
・資料や教育コンテンツの集積に加え、カリキュラムや関連性マップを定義し、他者へ提供することが出来ます。
・初心者向けや、ある特定の属性を持つ人に向けたシナリオを作成できます。

利用するAWS製品

Amazon EC2, Amazon S3, Amazon CloudFront, Amazon Route 53

AWSでの導入実績

大学、医療・看護系法人、対面販売業務現場で導入・運用中。

ライセンス体系と費用詳細

Services(SaaS, PaaSなど)

詳細はご相談ください。

会社情報

Smart Experience シェア・ラーニング

株式会社アゼスト

アゼストは、ユーザー視点とサービスデザイン思考に基づき、ユーザ エクスペリエンスが体験できる仕組みを創造することを目指している会社です。

専門知識を持たないユーザーでも直観的に快適に使える優れたユーザエクスペリエンスをアプリケーション&サービスのビジネス価値にすることを追求しています。

サービスデザインに関する企画コンサルティングから、アプリケーション&サービスの ユーザーインターフェースに関する企画・設計・開発を行っております。

お問い合わせ先

東京都千代田区神田小川町2-10
(株)アゼスト
TEL 03-3219-4836
contact@azest.co.jp