システム構成図

G2_.png

製品 / ソリューション説明と特徴

社内外に散在するデータを横断的に、自由に検索可能とするエンタープライズ・サーチを利用して、サーチアプリケーションを構築することができます。
AWSやオンプレでも環境を選ばず、利用者は自らの業務にあった形で、散在している既存システムのどこにどういう形でデータが格納されているのかを意識せず、欲しいときに、欲しい形で、素早く必要な情報を入手することができます。
AWS上で稼働させる場合にはEC2で適切なサーバーを用意しSMART/InSight G2をインストールした上で、S3にあるデータに直接アクセスし可視化分析を行い社内で共有することもできます。
個人で蓄積した業務に必要な情報をグループで共有することで、情報共有を促進させます。働き方改革にあたってもナレッジワーカーの生産性を向上させることが重要になっており、SMART/InSight G2はエンタープライズサーチアプリケーションとして大きく貢献することができます。 G2_データ統合.png
製造業の「ものづくり」ではエンジニアリングチェーンとサプライチェーンの情報共有を進め、事業戦略を遂行することが重要になっています。
特にグローバル製造業の事業戦略遂行上PLMなどの推進と情報活用は競争激化の中では喫緊の課題となっています。
グローバル製造業の戦略遂行にとって、重要なPLM(Product Lifecycle Management)推進には、いろいろな課題があります。
SMART/InSight G2はPLMに関わる課題を乗り越えてゆくことができるため、この分野の問題解決のために導入が進んでいます。 G2_Product360.png

利用するAWS製品

Amazon EC2, Amazon S3, Amazon RDS, Amazon Redshift

導入・運用提供パートナー

ソリューションパートナー
・岡谷システム株式会社
・兼松エレクトロニクス株式会社
・株式会社NSソリューションズ関西
・株式会社日立ソリューションズ
・富士ゼロックス情報システム株式会社
・日本ユニシス株式会社
・株式会社ワイ・ディ・シー

テックパートナー
・NTTテクノクロス株式会社
          (掲載順:50音順)

AWSでの導入実績

・ヤマハ発動機株式会社
  品質関連データの統合基盤の構築

その他、製造/IT関連企業様を中心に多数  
          (掲載順:50音順)

ライセンス体系と費用詳細

その他

ライセンス体系:
サーバーライセンス。詳細はお問い合わせください。

関連文書

パートナー企業およびスマートインサイト株式会社から購入・サポート提供が可能です。

smartinsight.jp/company/partner

会社情報

SMART/InSight G2

スマートインサイト株式会社

1995年3月、ウチダスペクトラム株式会社として内田洋行とインサイトエンタープライズのジョイントとしてグローバルソフトウェアライセンス販売をスタート。
2013年10月、スマートインサイト株式会社を分社独立。本田技研工業様/デンソー様/アドビックス様など、主に製造業を中心に展開。

お問い合わせ先

お問い合わせ先
担当:マーケティンググループ
contact@smartinsight.jp
http//smartinsight.jp/