システム構成図

AWS-BE.png

製品 / ソリューション説明と特徴

ソリューション1 :低コスト/大容量ディスクストレージでの遠隔地保管

Backup Exec は、Amazon Storage Gateway キャッシュ型ボリューム をサポートします。バックアップ管理者は通常のDASへのバックアップと同様の操作で、バックアップデータをAWS上に保管できます。

使用頻度の高いデータは Storage Gateway のキャッシュ上のコピーから高速にアクセスしつつ、バックアップデータの本体は安全、安価な S3 上に遠隔地保管します。S3 は従量課金で最大サイズまで使い続けられるので、ストレージの追加作業などの手間もかからず、ストレージコスト削減のメリットを得られます。

なお、Amazon Storage Gateway キャッシュ型ボリューム の利用時、Backup Exec では 追加オプションの購入は不要です。

ソリューション2:低コストでの長期遠隔地保管

Backup Exec は、Amazon Storage Gateway VTL をサポートします。バックアップ管理者は、通常のVTLへのバックアップと同様の操作でバックアップデータをAWS上に保管できます。Backup Exec のGUI 上でテープをエクスポートするだけでより安価なGlacier へアーカイブでき、バックアップデータの長期遠隔地保管のコストを大幅に削減します。すべてBackup Exec の GUI と AWS のコンソールから作業でき、物理的なメディア操作は不要です。

なお、Amazon Storage Gateway VTL を テープドライブ 1 台の構成で利用する場合、Backup Exec では 追加オプションの購入は不要です。

複数のテープドライブの利用が必要な場合は、お得な VTL Unlimited Drive オプションをご利用いただけます。

システム要件

システム要件はこちらをご確認ください。
BACKUP EXEC システム要件
www.veritas.com/ja/jp/product/backup-and-recovery/backup-exec/system-requirement

利用するAWS製品

Amazon S3, Amazon Glacier, AWS Storage Gateway

導入・運用提供パートナー

ベリタスセールスインフォメーションセンターにお問い合わせください。

ライセンス体系と費用詳細

BYOL

Backup Execに関する各種製品情報、営業情報、価格表、ライセンス申請書、お問い合わせ先はこちら
info.veritas.com/japan-product-resources



関連文書

Backup Exec データシート、ホワイトペーパー、ビデオなどはこちら

www.veritas.com/ja/jp/product/backup-and-recovery/backup-exec/resources

会社情報

Veritas Backup Exec

ベリタステクノロジーズ合同会社

Veritas Technologies LLC は、世界最大規模の複雑なヘテロジニアス環境にも対応できるソリューションをご提供することで、企業が情報の力 を活用できるようお手伝いいたします。現在、Fortune 500 の 86% の企業にご利用いただき、競争力強化に欠かせないデータ可用性の向上、 インサイトの獲得にお役立ていただいています。事業継続、バックアップとリカバリ、ソフトウェアデファインドストレージ、情報ガバナンスなど、ベリタスの情報管理ソリューションはどれも、情報はインフラよりも重要であるという考え方に基づいて設計されています。

お問い合わせ先

ベリタスセールスインフォメーションセンター (法人のお客様向け製品購入に関する相談窓口)
■ 電話受付時間:10:00~12:00、13:00~17:00 (土、日、祝日、年末年始を除く)
■ 電話:0120-907-000 (IP電話からは 03-4531-1799)