システム構成図

Watchdog.png

製品 / ソリューション説明と特徴

不安定な通信環境で動作するIoTデバイスには、定期的にデバイスの正常性をチェックし、復旧のアクションを起こす仕組みが重要となります。
Watchdogは、たった2つの仕組みでシンプルに「データが来ない」ことをチェックするサービスです。APIによる簡単な操作でタイマーをセットし、指定時間になってもデータが来ない場合に自動通知します。
Webhookを利用することで異常を検知した際に、HTTP(S)によるPOSTを実行することができ、アプリケーションを修復する為のエンドポイントを作成したり、AWS Lambda等を呼び出すことができます。
簡単な操作でIoTデバイスや処理時間の長いアプリケーションの正常性確認など、見守り系のサービスなどにご利用いただけます。

【主な用途】
・IoTデバイスのハングアップ・不具合の自動通知
・アプリケーションの異状終了の自動通知
・バックアップやスクリプトの異常終了検知
・想定時間内に終わらない処理の自動通知

システム要件

一般的なプログラミング言語からHTTP(S)を利用してしてタイマーを操作する事ができます。HTTP(S)による通信が可能な環境であれば、アプリケーションからの呼び出しはもちろんスマートフォンやIoTデバイスからもタイマーを操作することができます。

利用するAWS製品

Amazon EC2, AWS Lambda

ライセンス体系と費用詳細

Services(SaaS, PaaSなど)

登録からデバイスの監視まで3分以内でスタートでき、すぐにご利用できるトライアルプランもご用意しております。

関連文書

詳細はサービスサイトをご覧ください

watchdog.mx/ja/

会社情報

Watchdog

JIG-SAW株式会社

JIG-SAWは、自社開発の運用自動化プラットフォーム”puzzle”をベースに、サーバーマネジメントの自動化サービスのご提供と、クラウドからオンプレミスまで数千台のサーバーマネジメントで培ったナレッジをベースに、24時間365日稼働する有人コントロールセンター(札幌)よりお客さまのシステムをサポートいたします。

お問い合わせ先

JIG-SAW株式会社 セールスグループ  
【電話番号】03-6262-5160
【e-mail】 sales@jig-saw.com